LINE証券高配当投資で着実に資産を増やすブログ

現在資産が少ないサラリーマンの方に向けての資産形成ブログです。

伊藤忠商事、日本郵政を検討 LINE証券で高配当投資

この記事では、LINE証券の高配当投資に活かせる関連ニュースを紹介していきます。
ニュースから今後の値動きを予測し、銘柄購入の参考にしていただければ幸いです。
この記事でご紹介する銘柄は、全てLINE証券のいちかぶ投資に対応した銘柄となります。

 

 

郵便局に無人ファミリーマートが出店へ

 

ファミリーマート日本郵政グループは2016年に業務提携を行いました。
今回、その業務提供の結果として、郵便局に無人ファミリーマートが出店することになったのだと思います。
第一号はファミリーマート川越西郵便局というところで、埼玉県の郵便局となります。

f:id:mushisanlovelove:20211130061939j:image
約350種類の食品、飲料、日用品などを取り扱うとのことです。
また、茨城県の柴崎郵便局では、郵便局のお客様ロビーに陳列棚やショーケースを設置しています。
商品代金は現金で郵便局の窓口に支払うようです。ファミリーマート無人店舗の出店を進めており、2024年度末までには郵便局内の出店を含めて1,000店舗に増やす方針です。(現在3店舗)

f:id:mushisanlovelove:20211201063614j:image
ファミリーマート、郵便局の両方のインフラを活用できることは非常に強力だと思います。

また、郵便局のロビーにショーケースや陳列棚を設置して窓口に支払うビジネスモデルもいいですね。

地方郵便局の局員さんは本当に暇そうですし。

これで郵便局の来客にも寄与するようであればいいですね。
私の実家はかなりの田舎なので、最寄りのコンビニまで約10kmぐらいある、コンビニエンスの欠片もない立地ではあるのですが
郵便局は1kmぐらいの場所にあります。
その郵便局内にファミリーマートが出店してもらえるならば、地域社会にとっても非常に助かると思います。
現在の日本の問題である、過疎化と高齢化対策になる、素晴らしい施策ではないかと思いました。

 

関連高配当銘柄

伊藤忠商事

f:id:mushisanlovelove:20211130220341j:image
株価 3,264円
配当利回り 3.37%

累進配当銘柄ですので、基本増配傾向にあると考えられます。
株主優待 無し
ファミリーマートの親会社である伊藤忠商事は、高配当銘柄の代表格であり、株価も上がり増配もしてくれる銘柄です。
伊藤忠商事はぜひ保有し続けたい銘柄で、私も保有しています。

 

日本郵政


株価 858円
配当利回り 5.83%
株主優待 500株以上で3,000円相当のカタログギフト
権利確定月 3月

今年の11月に株主優待制度を導入した日本郵政

配当利回りも5%超えで、株主還元は非常に積極的であるように見えます。


ただ日本郵政に関しては、かんぽ生命保険の不正契約、切手の6億円着服、顧客から12億円の詐欺、などたった2年ほどで非常に多くの不祥事を起こしている状況もあり、あまり保有したいとは思っていません。

f:id:mushisanlovelove:20211130062129j:image
不祥事を一度起こした会社は、また不祥事が判明する可能性が高いと考えています。
なかなか会社の体質は変化しないことは私の会社でも身に染みて理解していますし、週刊誌などもまた何かスクープが無いか狙い続けていると思うので、非常にリスクが大きいと思います。
また、日本郵政に関しては、今後も大株主である国が政府保有株式を大量売却する予定になっていますので、大幅な株価の下落につながるとも思っていますので、現状では保有は考えていません。