LINE証券高配当投資で着実に資産を増やすブログ

現在資産が少ないサラリーマンの方に向けての資産形成ブログです。

1月3週目 売買銘柄を公開 絶賛含み益減少中

この記事では、1月第3週の購入銘柄を紹介していきます。

f:id:mushisanlovelove:20220122223350p:image

今週は日本株も米国株も大きく値下がりしました。

先週は調子の良かった高配当バリュー株も値下がりしたため、含み益も絶賛目減り中で、総資産は12月末とほぼ同額まで下がってしまいました。

今年は年明け早々調子がいいなと思っていたらあっという間に元通りです。

まあこれだけ値下がりしていて元通りで済んでいるだけ良しとします。

もっと損している人もいっぱいいらっしゃると思いますので。

 

日経平均は1週間でマイナス2.93%と先週とあわせて5%以上のマイナスです。

NASDAQ100はマイナスそれ以上に大きく値下がりしたため、含み損の金額がどんどん増えています。

f:id:mushisanlovelove:20220122223421j:image

この下げ局面で安くなった高配当銘柄を仕込むことによって、年間の配当金額を増やし、ifreeレバレッジNASDAQ100も買い増すことで将来の値上がりに備えていきたいと思っていますが、一旦利益を確定した銘柄もありますので売買した銘柄をこちらに記載します。

興味がある方はご覧ください。

 

今週購入した高配当銘柄

今週大きく下がった銘柄に関しては数株買い増しました。

これだけ買ってもいちかぶ投資だとそれほど大きな金額ではないのがいいですね。

 

8306 三菱UFJフィナンシャルグループ

高配当の筆頭銘柄の三菱UFJフィナンシャルグループを買い増ししました。

単価が安いので少しずつ買い増ししたり、NISA枠が少しだけ余った場合に買ったりと非常に便利な銘柄だと思います。

現在の配当利回り4.14%となります。

三菱UFJフィナンシャルグループに関してはこちらにまとめてあります。

 

2124 JACリクルートメント

4005 住友化学

3244 サムティ

1605 INPEX

天然ガス再生可能エネルギーの謎理論により、これから天然ガスの需要は増えそうですので購入しました。

石油の需要も結局まだまだ減らず、原油価格も高止まりすると考えていますので、長期で保有し安くなったタイミングで購入していくつもりの銘柄です。

現在の配当利回りは3.8%となります。

INPEXに関してはこちらの記事にまとめています。

 

5101 横浜ゴム

3465 ケイアイスター不動産

今週一時マイナス10%と大きく売られた銘柄。

凄い悪材料がお漏らししたのかとヒヤヒヤしましたが、ほぼ底値で購入することが出来ました。

この銘柄は私のお気に入りの銘柄で、決算にも期待していますので下がる度に少しずつ買い増ししたいと思います。

ちなみにこの1ヶ月で株価はマイナス12%と大きく売られていますが、この辺りが底値っぽい気はしています。

ケイアイスター不動産に関してはこちらの記事にまとめています。

現在の配当利回り3.37%です。

 

5802 住友電気工業

岸田関連銘柄の筆頭だと個人的に考えているこの銘柄も買い増しました。

基本的に岸田さんは株主の邪魔しかしていませんが、発言したことだけはやっていただきたいと思います。

この銘柄はデジタル田園都市スーパーハイウェイ構想関連として期待しています。

現在の配当利回りは3.2%となります。

住友電気工業に関してはこちらの記事にまとめています。

 

9434 ソフトバンク

ソフトバンクもなかなか株価が戻ってきません。この1ヶ月の株価はほぼ横ばいなので下げ止まった感じはしますので、そろそろ買い増しをしていきたいと思います。

ソフトバンクの現在の配当利回りは5.97%と大分利回りが高くなってきました。

ソフトバンクに関してはこちらの記事にまとめています。

 

8473 SBIホールディングス

4765 モーニングスター

株主優待で仮想通貨がもらえるこの銘柄。

仮想通貨に手を出す勇気はないけどもらえるならやってみたいので、権利確定日までに安くなったタイミングで購入していきます。

モーニングスターに関してはこちらの記事にまとめてあります。

 

2760 東京エレクトロンデバイス

8316三井住友フィナンシャルグループ

 

今週売却した銘柄

7203 トヨタ自動車

高配当銘柄ではないですが、日本株投資をしているからには保有しようと思い購入していたトヨタ自動車

EVの発表で大きく値上がりしていましたが、下がってきたので1株だけ残して一旦利益を確定しました。

株価をチェックしながら再インしようと思います。

 

1419 タマホーム

先週爆上げした銘柄。

このまま元に戻りそうな勢いで下がってきたので、これも1株だけ残して一旦利益を確定しました。

おそらく元に戻ると考えているので、そのタイミングで再インする予定です。

 

今週購入した投資信託

ifreeレバレッジNASDAQ100を下落に合わせて追加購入。

ついに100日移動平均線も割り込んでしまったので、ここからさらに買い増して行く予定です。

今週は12,000円分を購入しました。

配当利回り4%超え!テスラ関連銘柄

この記事では、LINE証券の高配当投資に活かせる関連ニュースを紹介していきます。

f:id:mushisanlovelove:20220109144633p:image
ニュースから今後の値動きを予測し、銘柄購入の参考にしていただければ幸いです。
この記事でご紹介する銘柄は、全てLINE証券のいちかぶ投資に対応した銘柄となります。

 

■今日の高配当ニュース■
テスラとオートバックスが契約を締結!

 

 

株式会社オートバックスセブンテスラモーターズジャパンが法定点検・車検に関わる部品供給契約を締結しました。
テスラの車検や法定点検に用いる部品がオートバックスで供給されるようになります。


まずは東京都江東区オートバックス東雲だけでの供給となるようですが、今までただのテナント店舗として誘致していたテスラと、さらに協力体制が進んでいくのかもしれません。テスラはディーラー網は整備せずに、ネット販売のみで今後も進めていきますので、日本ではオートバックスが整備などのディーラー機能を拡大していくかもしれません。

 

関連銘柄

オートバックスセブン

日本のカー用品店ではイエローハットとの2大巨頭のうちの1つです。

f:id:mushisanlovelove:20220109142955j:image

マネックス証券より引用

株価は下がり続けてきましたが、反転したようにも見えますね!

しかし業績はそれほど成長しておらず、平均成長率はここ数年1%台です。

ただ利益率は大きく回復してきていますので、効率的な経営ができているようですね。

f:id:mushisanlovelove:20220109143551j:image
マネックス証券より引用

配当利回りは4.26%と、市場平均と比べても非常に高配当ですが、2014年から増配は無し。

配当性向も70%近いため、増配の可能性はあまり無さそうです。

 

ちなみに私は少しだけとりあえず買ってみました。

このテスラの件だけでなく、ETCの取付補助金や、大雪関連の需要などで、短期の株価上昇は見込めると考えています。

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

天然ガスは持続可能!関連高配当銘柄

この記事では、LINE証券の高配当投資に活かせる関連ニュースを紹介していきます。

f:id:mushisanlovelove:20220110070223p:image
ニュースから今後の値動きを予測し、銘柄購入の参考にしていただければ幸いです。
この記事でご紹介する銘柄は、全てLINE証券のいちかぶ投資に対応した銘柄となります。

 

■今日の高配当ニュース■
原発天然ガスは持続可能なエネルギー!

 

 

欧州連合EU)の行政を担う欧州委員会が、地球温暖化対策に役立つエネルギー源として天然ガス原子力発電を認める方針だそうです。
現状では環境面での持続可能な発電に関しては風力や太陽光発電が挙げられていますが、そこに一定の条件をもとに原発天然ガスでの発電を追加する方向で、1月中にも正式決定するそうです。

天然ガス火力発電所に関しては、2030年までに建設されるもので、より二酸化炭素の排出量が多い石炭火力発電などと置き換える場合は対象となるそうです。


SDGsに関しては投資マネーが流入しており、原発天然ガス関連の銘柄に関しては注目が集まりそうです。
しかし、日本では原発は大手を振ってアピールすることは難しいと思いますので、天然ガス関連の銘柄を検討してみます。

 

■ニュースまとめ■
天然ガス火力発電が持続可能なエネルギーに追加。2030年までに建設したものが対象

 

関連銘柄

INPEX

原油高の影響で株価が上がってきているINPEX

石油だけでなく天然ガスの分野でも日本を代表する企業です。

原油価格が落ち着いても、需要は今後もおそらく変わらず続きますし、天然ガスの需要がさらに上がっていくと考えられます。

f:id:mushisanlovelove:20220110130723j:image

マネックス証券より引用

株価はこの1年間上がり続けています。

f:id:mushisanlovelove:20220110130942j:image

マネックス証券より引用

配当利回りは3.88%と市場平均よりも高いですが、配当金の成長はイマイチです。

売上や利益も安定していないため、長期保有には向いていないかもしれませんが、買ってみてもいい銘柄だと思います。

 

三菱瓦斯化学

もう一つの天然ガス銘柄として、三菱瓦斯化学が挙げられます。

三菱瓦斯化学天然ガスからプラスチック製品を作ったりしている会社ですが、三菱瓦斯化学の瓦斯は、天然ガスのガスだそうです。

f:id:mushisanlovelove:20220110131923j:image

三菱瓦斯化学HPより引用

また、三菱瓦斯化学二酸化炭素からメタノールを精製する事業も今後スタートするようで、脱炭素銘柄としては期待できると考えられます。

すでに株価も少しづつ上がってきていますが、まだまだ高配当ですので、購入してみたい銘柄の一つです。

f:id:mushisanlovelove:20220110132726j:image

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

今日一時10%下げた高配当銘柄を買い増し

 

今日一時10%以上値下がりしたケイアイスター不動産。

値下がり率ランキングでもTOP5に入っていました。

私は前場に10%下げぐらいで買い増ししましたが、本日の終値はマイナス5.05%まで戻りました。

f:id:mushisanlovelove:20220120184800p:image

ここが底値だったのか、明日以降も下がるのか、明日以降にしかわかりませんが、そこがLINE証券のいちかぶ投資のいいところです。

普通であれば100株単位でしか買えないので、買い増しには70万円ほどかかりますが、いちかぶ投資なら7,000円で買い増しすることが可能です。

ケイアイスター不動産はまた決算発表でタマホームのように大きく値上がりすると考えていますので、大きく下がるたびに買い増していこうと思うのですが、念のため過去の決算資料などを改めて確認しようと思います。

 

ケイアイスター不動産について

ケイアイスター不動産は関東全域1都10県で分譲住宅、注文住宅、中古住宅の販売、賃貸物件の仲介、リフォームなどを行なっている会社です。

f:id:mushisanlovelove:20220120180219j:image

マネックス証券より引用

売上も利益も毎年平均30%以上成長している、今ノリに乗っている成長企業ですね。

f:id:mushisanlovelove:20220120181249j:image

マネックス証券より引用

売上構成は分譲住宅事業が多く占めています。

その分譲住宅事業は3年で倍以上の売上になっています。

f:id:mushisanlovelove:20220120181616j:image

マネックス証券より引用

配当金も大きく成長しています。

配当金は去年のほぼ倍ですね!

配当利回りは現在3.43%となっています。

 

この情報を見ると、今後も大きく成長してくれそうな感じがします。

 

念のため決算資料もチェック

前回の決算発表時には大きく値上がりし、だいぶ利益が出ましたので、決算資料にも問題は無いとは思うのですが、念のため振り返ってみます。

 

以下の資料はケイアイスター不動産の第二四半期決算資料より抜粋したものです。

f:id:mushisanlovelove:20220120182814j:image

成長資金を拡充したことで、さらにコア事業の分譲住宅事業は今後成長が望めそうです。

f:id:mushisanlovelove:20220120183105j:image

ネットワークは毎年順調に増え、関東以外のエリアにも続々とエリア拡大をしています。

こう見るとまだまだ出店の余地は大量にあり、これからも順調に成長していくのではと考えます。

 

まとめ

今後の成長を狙える高配当銘柄として、今後もケイアイスター不動産は保有しようと思います。

同じ住宅関連銘柄で高配当のタマホームは、社長リスクがあるので値下がりしたら購入し、値上がりしたら売却というスタイルをとっていますが、ケイアイスター不動産は基本長期保有です。

今日の10%以上の大幅な値下がりは何だったかは不明ですが、底で拾えたと信じて保有することにします。

おそらく決算発表で大きく値上がりすると考えますが…どうでしょうか?

次の決算発表は2月10日予定です。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

配当利回り4%!九州新幹線関連銘柄

この記事では、LINE証券の高配当投資に活かせる関連ニュースを紹介していきます。

f:id:mushisanlovelove:20220109152320p:image
ニュースから今後の値動きを予測し、銘柄購入の参考にしていただければ幸いです。


この記事でご紹介する銘柄は、全てLINE証券のいちかぶ投資に対応した銘柄となります。

 

■今日の高配当ニュース■
西九州新幹線、2022年秋頃開業予定!

 

https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/20220105/5030013727.html

 

今年の秋ごろ、佐賀県の武雄温泉と長崎の間で西九州新幹線が開業となるそうです。
これに合わせて長崎駅の周辺などでは開発プロジェクトが進んでいます。


現在ジャパネットたかたが中心となって、長崎スタジアムシティプロジェクトを進めています。
スタジアムはサッカーJ2V・ファーレン長崎のホームスタジアムになる予定で、ホテルなども併設されるとのことで、2023年の開業を予定しています。


また、佐賀県でも武雄温泉と嬉野温泉の2つの新幹線駅ができるということで、新たな観光ルートになりそうです。

f:id:mushisanlovelove:20220109152922p:image
ちなみに新幹線の名前は「かもめ」。
非常におしゃれな内装が特徴の新幹線だと感じました。

ただ、このようなニュースだと経済効果がいくらで、みたいなこともよく書いてあるのですが、見つかりませんでした。

Googleのサジェストも何か不穏な感じなので、盛り上がるかどうか不安なところがありそうです…

長崎はこの2年間で2回遊びに行っている場所なので、個人的には発展してくれると嬉しい街ではありますので、是非高田社長に期待したいですね。

 

■ニュースまとめ■
西九州新幹線がこの秋に開業予定。長崎では再開発が着々と進行中。

 

関連銘柄

九州旅客鉄道

JRの中で現在高配当なのがJR九州

鉄道事業は外出自粛の影響でどの会社も大幅に売上が下がっていますが、JR九州は意外にも鉄道事業の売上比率が少ないです。

f:id:mushisanlovelove:20220109181320j:image

マネックス証券より引用

鉄道事業(運輸サービス)の売上は25%ぐらいですね。

売上はコロナ禍では下がってしまいましたが、それまでは順調に成長していました。

私は鉄道事業が完全にコロナ前に戻ることは無いと考えています。

私の勤務している会社でも、コロナが落ち着いても経費削減ということで出張は無し、WEB会議ばかりです。

このように企業の都合の良いシステムだけは残り続けていくので、ビジネス需要で保たれていた、特に出張関連の新幹線、飛行機、ホテルなどは元の売上には戻らないと思います。

ということで期待できそうなのが鉄道事業の割合が少ないJR九州かな、と考えます。

f:id:mushisanlovelove:20220109182532j:image

マネックス証券より引用

配当利回りは3.98%と市場平均利回りと比較しても高配当です。

現在オミクロン株の影響で2ヶ月近く株価は下がり続けていますので、今少しづつ買い集め、配当金をもらいながら株価の上昇を待つ、というのも戦略としてアリかと思います。

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

最強増配銘柄!全国保証株式会社から株主通信が到着したので検討

私の保有銘柄である、全国保証株式会社から株主通信が到着しました。

f:id:mushisanlovelove:20220116185904p:image

この機会に改めてこの全国保証株式会社について検討します。

f:id:mushisanlovelove:20220116185004j:image

株価はこの10年で、コロナ禍で下がることもありましたが右肩上がりの銘柄です。

 

国保証の事業内容

住宅ローンの連帯保証を引き受ける

住宅を購入する際に利用するから住宅ローンの連帯保証を個人に変わって引き受ける会社です。

家族でも連帯保証人にはなるな、と聞いたことがあるので、それを変わってくれるのであればありがたい会社ですね。

その契約件数と保証債務残高は順調に伸びています。

f:id:mushisanlovelove:20220116184559j:image

マネックス証券より引用

売上も利益もキレイに右肩上がりです。

この10年の売上成長率は平均8%超え、利益の成長率はまさかの24%超えです。

 

 

ストックビジネスで安定

完全にストックビジネスなので、非常に安定したビジネスモデルで、新規契約もコロナ禍ながら前年同期を上回っているので、今後もさらに成長できそうです。

 

国内唯一の独立系

提携している金融機関は730機関。

銀行、信用金庫、信用組合、JAなど独立系であるからこそ多くの金融機関と提携可能です。

 

株主還元について

f:id:mushisanlovelove:20220116185253j:image

マネックス証券より引用

配当は毎年増配してくれています。

2022年3月の配当金は130円を予定していますが、2023年3月は144円を予定とのことで、来期も増配してくれる予定です。

配当性向を今期32.9%へ引き上げ。

中期経営計画では配当性向を35%まで引き上げる予定とのことです。

きちんと配当性向、配当金を上げる計画を出してくれているので安心です。

またこの銘柄は株主優待があり、100株で3,000円のQUOカードがもらえます。

f:id:mushisanlovelove:20220116185619j:image

マネックス証券より引用

さらに継続保有期間が1年以上であれば、QUOカードが5,000円分またはカタログギフトにバージョンアップします。

 

国保証の株主通信から気になったものまとめ

  • コロナ禍ながら新規保証実行件数、金額は前年同期を上回る
  • 営業利益は前年同期比プラス11.7%
  • 2020年からの中期経営計画は3つの基本方針。事業規模拡大、事業領域拡大、企業価値向上。
  • 保証債務残高はこの10年右肩上がり。

 

国保証について検討結果

配当利回りは2%台と高配当銘柄とは言えませんが、ストックビジネスで売上は安定、独立系のためタイアップ先も増加、配当性向も上げてくれる予定で配当金も連続増配中と、死角が見当たらない銘柄です。

将来の高配当銘柄を目指しつつ株価の成長も狙える、最強銘柄の一つと考えます。

株価が下がったタイミングで買い増したいと思っていますが、なかなか下がらず株数が増えていかないのが問題ですね。

目指せ株主優待の100株!

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

LINE証券株ジャンボから入金!結局いくら儲かった?当選確率は?

LINE証券株ジャンボから入金がありました。

f:id:mushisanlovelove:20220115205728p:image

12月はLINE証券株のタイムセールが無かった代わりに、新しいイベントのLINE証券株ジャンボが毎日開催されていました。

ちなみに1月に開催されたLINE証券株のタイムセールではNTT(日本電信電話)を購入。

株のタイムセールの購入方法や、実際の購入の流れはこちらの記事でまとめています。

ちなみに1月の株のタイムセールの利益は2,296円でしたが、株ジャンボの利益はいくらだったのでしょうか?

 

LINE証券株ジャンボとは

2021年11月25日から12月30日まで開催されていたLINE証券株ジャンボ。

f:id:mushisanlovelove:20220115204645j:image

株をいちかぶで購入した際に自動で抽選され、購入完了後に抽選結果が表示されます。

当選の内容は、

1等 購入金額の300%を還元 上限200本

2等 購入金額の10%を還元 上限1,000本

3等 購入金額の1%を還元 上限44,800本

ハズレ 還元無し

でした。

還元の上限は10万円まで、ということで、株のタイムセール同様の儲けが出るイベントかと楽しみにして参加していました。

詳細に関してはこちらにまとめています。

 

 

LINE証券株ジャンボの入金額は?

先日LINE証券株ジャンボの当選金額が入金されました。

f:id:mushisanlovelove:20220115204902j:image

合計158円の入金。

f:id:mushisanlovelove:20220115204936j:image

ちょっと意味不明ですね。

ちなみに合計174回抽選回数があり、当選は5回でした。

当選確率は2.9%、全部3等でした。

f:id:mushisanlovelove:20220115205111j:image

結構頑張ったんですけどね。

正直全然美味しくないイベントだったので、次に開催するときはもう少し当選確率を上げて欲しいものです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村